登録免許税法
 

(課税標準の数量の端数計算)
第16条 

別表第1に掲げる登録に係る課税標準の数量を計算する場合には、次に定めるところによる。
1号 
別表第1第3号に掲げる航空機の重量は、航空機の自重トン数により、当該トン数に1トン未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、当該トン数が1トンに満たないときは、これを1トンとする。
2号 
別表第1第20号に掲げる鉱区若しくは租鉱区又は同表第22号に掲げる共同開発鉱区の面積に10万平方メートル未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、当該面積が10万平方メートルに満たないときは、これを10万平方メートルとする。

【宅建六法】登録免許税法の目次へ