登録免許税法
 

(納税地)
第8条 

1項
登録免許税の納税地は、納税義務者が受ける登記等の事務をつかさどる登記所その他の官署又は団体(以下「登記官署等」という。)の所在地(第24条の2第1項に規定する財務省令で定める方法により登録免許税を納付する場合にあつては、政令で定める場所)とする。

2項 
第29条第1項若しくは第2項の規定により徴収すべき登録免許税又は国税通則法(昭和37年法律第66号)第56条第1項(還付)に規定する過誤納金に係る登録免許税の納税地は、前項の規定にかかわらず、納税義務者が次の各号に掲げる場合のいずれに該当するかに応じ当該各号に掲げる場所とする。
1号 
この法律の施行地(以下「国内」という。)に住所を有する個人である場合 
その住所地
2号 
国内に住所を有せず居所を有する個人である場合 
その居所地
3号 
国内に本店又は主たる事務所を有する法人である場合 
その本店又は主たる事務所の所在地
4号 
前二号に掲げる場合を除き、国内に事務所、営業所その他これらに準ずるものを有する者である場合 
その事務所、営業所その他これらに準ずるものの所在地(これらが二以上ある場合には、政令で定める場所)
5号 
前各号に掲げる場合以外の場合 
政令で定める場所

【宅建六法】登録免許税法の目次へ