独立行政法人 住宅金融支援機構法
 

(機構債券の担保のための貸付債権の信託)
第21条 

機構は,主務大臣の認可を受けて,機構債券に係る債務(前条の規定により政府が保証するものを除く。)の担保に供するため,その貸付債権(第13条第1項第1号の業務(以下「債権譲受業務」という。)により譲り受けた貸付債権又は附則第3条第1項の規定により承継した貸付債権を含む。次条及び第23条第1項において同じ。)の一部について,特定信託をすることができる。

【宅建六法】独立行政法人 住宅金融支援機構法の目次へ