独立行政法人 住宅金融支援機構法
 

(定義)
第2条 

1項
この法律において「住宅」とは,人の居住の用に供する建築物又は建築物の人の居住の用に供する部分(以下「住宅部分」という。)をいう。

2項 
この法律において「災害復興建築物」とは,災害により,住宅又は主として住宅部分からなる建築物が滅失した場合におけるこれらの建築物又は建築物の部分に代わるべき建築物又は建築物の部分をいう。

3項 
この法律において「被災建築物」とは,災害により,住宅又は主として住宅部分からなる建築物が損傷した場合における当該損傷したこれらの建築物又は建築物の部分をいう。

4項 
この法律において「災害予防代替建築物」とは,災害を防止し又は軽減するため,住宅部分を有する建築物を除却する必要がある場合として政令で定める場合における当該建築物に代わるべき建築物又は建築物の部分をいう。

5項 
この法律において「災害予防移転建築物」とは,災害を防止し又は軽減するため,住宅部分を有する建築物を移転する必要がある場合として政令で定める場合における当該移転する必要がある建築物をいう。

6項 
この法律において「災害予防関連工事」とは,災害を防止し又は軽減するため,住宅部分を有する建築物の敷地について擁壁又は排水施設の設置又は改造その他の工事を行う必要がある場合として政令で定める場合における当該工事をいう。

7項 
この法律において「合理的土地利用建築物」とは,市街地の土地の合理的な利用に寄与するものとして政令で定める建築物で相当の住宅部分を有するもの又はその部分をいう。

8項 
この法律において「マンション」とは,二以上の区分所有者(建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号)第2条第2項に規定する区分所有者をいう。)が存する建築物で住宅部分を有するものをいう。

【宅建六法】独立行政法人 住宅金融支援機構法の目次へ