不当景品類及び不当表示防止法
 

(公聴会等及び告示)
第5条 

1項
内閣総理大臣は、第2条第3項若しくは第4項若しくは前条第1項第3号の規定による指定若しくは第3条の規定による制限若しくは禁止をし、又はこれらの変更若しくは廃止をしようとするときは、内閣府令で定めるところにより、公聴会を開き、関係事業者及び一般の意見を求めるとともに、消費者委員会の意見を聴かなければならない。

2項 
前項に規定する指定並びに制限及び禁止並びにこれらの変更及び廃止は、告示によつて行うものとする。

【宅建六法】不当景品類及び不当表示防止法の目次へ