不当景品類及び不当表示防止法
 

(景品類の制限及び禁止)
第3条 

内閣総理大臣は、不当な顧客の誘引を防止し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を確保するため必要があると認めるときは、景品類の価額の最高額若しくは総額、種類若しくは提供の方法その他景品類の提供に関する事項を制限し、又は景品類の提供を禁止することができる。

【宅建六法】不当景品類及び不当表示防止法の目次へ