一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
 

(吸収合併の登記)
第306条 

1項
一般社団法人等が吸収合併をしたときは、その効力が生じた日から2週間以内に、その主たる事務所の所在地において、吸収合併消滅法人については解散の登記をし、吸収合併存続法人については変更の登記をしなければならない。

2項 
吸収合併による変更の登記においては、吸収合併をした旨並びに吸収合併消滅法人の名称及び主たる事務所をも登記しなければならない。


【宅建六法】一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の目次へ