一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
 

(清算からの除斥)
第238条 

1項
清算法人の債権者(知れている債権者を除く。)であって第233条第1項の期間内にその債権の申出をしなかったものは、清算から除斥される。

2項 
前項の規定により清算から除斥された債権者は、引渡しがされていない残余財産に対してのみ、弁済を請求することができる。

【宅建六法】一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の目次へ