一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
 

(清算人の解任)
第210条 

1項
清算一般社団法人(一般社団法人である清算法人をいう。以下同じ。)の清算人(前条第2項から第4項までの規定により裁判所が選任したものを除く。)は、いつでも、社員総会の決議によって解任することができる。

2項 
清算一般財団法人(一般財団法人である清算法人をいう。以下同じ。)の清算人(前条第2項から第4項までの規定により裁判所が選任したものを除く。)が次のいずれかに該当するときは、評議員会の決議によって、その清算人を解任することができる。
1号
職務上の義務に違反し、又は職務を怠ったとき。
2号
心身の故障のため、職務の執行に支障があり、又はこれに堪えないとき。

3項 
重要な事由があるときは、裁判所は、利害関係人の申立てにより、清算人を解任することができる。

4項 
第75条第1項から第3項までの規定は、清算人について準用する。

【宅建六法】一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の目次へ