一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
 

(財産の拠出の無効又は取消しの制限)
第165条 

設立者(第152条第2項の場合にあっては、その相続人)は、一般財団法人の成立後は、錯誤を理由として財産の拠出の無効を主張し、又は詐欺若しくは強迫を理由として財産の拠出の取消しをすることができない。

【宅建六法】一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の目次へ