一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
 

(社員総会の招集)
第36条 

1項
定時社員総会は、毎事業年度の終了後一定の時期に招集しなければならない。

2項 
社員総会は、必要がある場合には、いつでも、招集することができる。

3項 
社員総会は、次条第2項の規定により招集する場合を除き、理事が招集する。
 

【宅建六法】一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の目次へ