一般社団法人及び一般財団法人に関する法律
 

(法定退社)
第30条 

1項
社員の除名は、正当な事由があるときに限り、社員総会の決議によってすることができる。この場合において、一般社団法人は、当該社員に対し、当該社員総会の日から1週間前までにその旨を通知し、かつ、社員総会において弁明する機会を与えなければならない。

2項 
除名は、除名した社員にその旨を通知しなければ、これをもって当該社員に対抗することができない。
 

【宅建六法】一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の目次へ