日本国憲法

(いわゆる生存権)
第25条

1項
すべて国民は,健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

2項
国は,すべての生活部面について,社会福祉,社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

【宅建六法】日本国憲法の目次へ