日本国憲法
 

(公務員の選定罷免権等)
第15条 

1項
公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

2項 
すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

3項 
公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

4項 
すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

 

【宅建六法】日本国憲法の目次へ