刑法
 

(偽造公文書行使等)
第158条

1項
第154条から前条までの文書若しくは図画を行使し,又は前条第1項の電磁的記録を公正証書の原本としての用に供した者は,その文書若しくは図画を偽造し,若しくは変造し,虚偽の文書若しくは図画を作成し,又は不実の記載若しくは記録をさせた者と同一の刑に処する。

2項
前項の罪の未遂は,罰する。

【宅建六法】刑法の目次へ