刑法
 

(虚偽公文書作成等)
第156条

公務員が,その職務に関し,行使の目的で,虚偽の文書若しくは図画を作成し,又は文書若しくは図画を変造したときは,印章又は署名の有無により区別して,前二条の例による。

【宅建六法】刑法の目次へ