刑法
 

(故意)
第38条 

1項
罪を犯す意思がない行為は,罰しない。ただし,法律に特別の規定がある場合は,この限りでない。

2項 
重い罪に当たるべき行為をしたのに,行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は,その重い罪によって処断することはできない。

3項 
法律を知らなかったとしても,そのことによって,罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし,情状により,その刑を減軽することができる。

【宅建六法】刑法の目次へ