刑法
 

(正当防衛)
第36条 

1項
急迫不正の侵害に対して,自己又は他人の権利を防衛するため,やむを得ずにした行為は,罰しない。

2項
防衛の程度を超えた行為は,情状により,その刑を減軽し,又は免除することができる。

【宅建六法】刑法の目次へ