刑法
 

(仮出場)
第30条 

1項
拘留に処せられた者は、情状により、いつでも、行政官庁の処分によって仮に出場を許すことができる。

2項 
罰金又は科料を完納することができないため留置された者も、前項と同様とする。

【宅建六法】刑法の目次へ