刑法
 

(没収)
第19条  

1項
次に掲げる物は,没収することができる。
1号
犯罪行為を組成した物
2号
犯罪行為の用に供し,又は供しようとした物
3号
犯罪行為によって生じ,若しくはこれによって得た物又は犯罪行為の報酬として得た物
4号
前号に掲げる物の対価として得た物

2項 
没収は,犯人以外の者に属しない物に限り,これをすることができる。ただし,犯人以外の者に属する物であっても,犯罪の後にその者が情を知って取得したものであるときは,これを没収することができる。

【宅建六法】刑法の目次へ