不動産登記法

(筆界調査委員の解任)
第129条
 

法務局又は地方法務局の長は、筆界調査委員が次の各号のいずれかに該当するときは、その筆界調査委員を解任することができる。
1号
心身の故障のため職務の執行に堪えないと認められるとき。
2号
職務上の義務違反その他筆界調査委員たるに適しない非行があると認められるとき。

【宅建六法】不動産登記法の目次へ