不動産登記法

(筆界特定の事務)
第124条 

1項
筆界特定の事務は、対象土地の所在地を管轄する法務局又は地方法務局がつかさどる。

2項
第6条第2項及び第3項の規定は、筆界特定の事務について準用する。この場合において、同条第2項中「不動産」とあるのは「対象土地」と、「登記所」とあるのは「法務局又は地方法務局」と、「法務局若しくは地方法務局」とあるのは「法務局」と、同条第3項中「登記所」とあるのは「法務局又は地方法務局」と読み替えるものとする。

【宅建六法】不動産登記法の目次へ