不動産登記法

(所有権の保存の登記)
第74条

1項
所有権の保存の登記は、次に掲げる者以外の者は、申請することができない。
1号
表題部所有者又はその相続人その他の一般承継人
2号
所有権を有することが確定判決によって確認された者
3号
収用(土地収用法(昭和26年法律第219号)その他の法律の規定による収用をいう。第118条第1項及び第3項から第5項までにおいて同じ。)によって所有権を取得した者

2項
区分建物にあっては、表題部所有者から所有権を取得した者も、前項の登記を申請することができる。この場合において、当該建物が敷地権付き区分建物であるときは、当該敷地権の登記名義人の承諾を得なければならない。

【宅建六法】不動産登記法の目次へ