不動産登記法

(登記がないことを主張することができない第三者)
第5条 

1項
詐欺又は強迫によって登記の申請を妨げた第三者は、その登記がないことを主張することができない。

2項
他人のために登記を申請する義務を負う第三者は、その登記がないことを主張することができない。ただし、その登記の登記原因(登記の原因となる事実又は法律行為をいう。以下同じ。)が自己の登記の登記原因の後に生じたときは、この限りでない。

【宅建六法】不動産登記法の目次へ