借地借家法

(手続代理人の資格)
第44条

1項
法令により裁判上の行為をすることができる代理人のほか、弁護士でなければ手続代理人となることができない。ただし、簡易裁判所においては、その許可を得て、弁護士でない者を手続代理人とすることができる。

2項
前項ただし書の許可は、いつでも取り消すことができる。

【宅建六法】借地借家法の目次へ