借地借家法

(自己借地権)
第15条 

1項
借地権を設定する場合においては、他の者と共に有することとなるときに限り、借地権設定者が自らその借地権を有することを妨げない。

2項 
借地権が地権設定者に帰した場合であっても、他の者と共にその借地権を有するときは、その借地権は、消滅しない。

【宅建六法】借地借家法の目次へ