民法(第五編)
 

(受贈者が贈与の目的を譲渡した場合等)
第1040条 

1項
減殺を受けるべき受贈者が贈与の目的を他人に譲り渡したときは、遺留分権利者にその価額を弁償しなければならない。ただし、譲受人が譲渡の時において遺留分権利者に損害を加えることを知っていたときは、遺留分権利者は、これに対しても減殺を請求することができる。

2項
前項の規定は、受贈者が贈与の目的につき権利を設定した場合について準用する。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ