民法(第五編)
 

(遺留分の算定)
第1029条 

1項
遺留分は、被相続人が相続関始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除して、これを算定する。

2項 
条件付きの権利又は存続期間の不確定な権利は、家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って、その価格を定める。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ