民法(第五編)
 

(遺言書又は遺贈の目的物の破棄)
第1024条 

遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ