民法(第五編)
 

(遺言執行者に対する就職の催告)
第1008条 

相続人その他の利害関係人は、遺言執行者に対し、相当の期間を定めて、その期間内に就職を承諾するかどうかを確答すべき旨の催告をすることができる。
この場合において、遺言執行者が、その期間内に相続人に対して確答をしないときは、就職を承諾したものとみなす。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ