民法(第五編)
 

(相続財産に属しない権利の遺贈)
第996条 

遺贈は、その目的である権利が遺言者の死亡の時において相続財産に属しなかったときは、その効力を生じない。ただし、その権利が相続財産に属するかどうかにかかわらず、これを遺贈の目的としたものと認められるときは、この限りでない。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ