民法(第五編)
 

(遺贈の無効又は失効の場合の財産の帰属)
第995条 

遺贈が、その効力を生じないとき、又は放棄によってその効力を失ったときは、受遺者が受けるべきであったものは、相続人に帰属する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ