民法(第五編)
 

(受遺者による担保の請求)
第991条 

受遺者は、遺贈が弁済期に至らない間は、遺贈義務者に対して相当の担保を請求することができる。停止条件付きの遺贈についてその条件の成否が未定である間も、同様とする。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ