民法(第五編)
 

(普通の方式による遺言の種類)
第967条 

遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によつてしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合は、この限りでない。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ