民法(第五編)
 

(相続債権者及び受遺者に対する弁済)
第947条 

1項
相続人は、第941条第1項及び第2項の期間の満了前には、相続債権者及び受遺者に対して弁済を拒むことができる。

2項 
財産分離の請求があったときは、相続人は、第941条第2項の期間の満了後に、相続財産をもって、財産分離の請求又は配当加入の申出をした相続債権者及び受遺者に、それぞれその債権額の割合に応じて弁済をしなければならない。ただし、優先権を有する債権者の権利を害することはできない。

3項
第930条まら第934条まで規定は、前項の場合について準用する。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ