民法(第五編)
 

(遺産の分割の方法の指定及び遺産の分割の禁止)
第908条 

被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。

【宅建六法】民法(第五編)相続の目次へ