民法(第三編)
 

(近親者に対する損害の賠償)
第711条 

他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ