民法(第三編)
 

(担保責任を負わない旨の特約)
第640条 

請負人は、第634条又は第635条の規定による担保の責任を負わない旨の特約をしたときであっても、知りながら告げなかった事実については、その責任を免れることができない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ