民法(第三編)
 

(転貸の効果)
第613条 

1項
賃借人が適法に賃借物を転貸したときは、転借人は、賃貸人に対して直接に義務を負う。この場合においては、賃料の前払をもって賃貸人に対抗することができない。

2項 
前項の規定は、賃貸人が賃借人に対してその権利を行使することを妨げない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ