民法(第三編)
 

(価額の償還)
第592条 

借主が貸主から受け取った物と種類、品質及び数量の同じ物をもって返還をすることができなくなったときは、その時における物の価額を償還しなければならない。ただし、第402条第2項に規定する場合は、この限りでない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ