民法(第三編)
 

(手付)
第557条 

1項
買主が売主に手付を交付したときは、当事者の一方が契約の履行に着手するまでは、買主はその手付を放棄し、売主はその倍額を償還して、契約の解除をすることができる。

2項 
第545条第3項の規定は、前項の場合には、適用しない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ