民法(第三編)
 

(売買)
第555条 

売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ