民法(第三編)
 

(混同)
第520条 

債権及び債務が同一人に帰属したときは、その債権は、消滅する。ただし、その債権が第三者の権利の目的であるときは、この限りでない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ