民法(第三編)
 

(支払の差止めを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止)
第511条 

支払の差止めを受けた第三債務者は、その後に取得した債権による相殺をもって差押債権者に対抗することができない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ