民法(第三編)
 

(時効により消滅した債権を自働債権とする相殺)
第508条 

時効によって消滅した債権がその消滅以前に相殺に適するようになっていた場合には、その債権者は、相殺をすることができる。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ