民法(第三編)
 

(履行地の異なる債務の相殺)
第507条 

相殺は、双方の債務の履行地が異なるときであっても、することができる。この場合において、相殺をする当事者は、相手方に対し、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ