民法(第三編)
 

(一部弁済による代位)
第502条 

1項
債権の一部について代位弁済があったときは、代位者は、その弁済をした価額に応じて、債権者とともにその権利を行使する。

2項 
前項の場合において、債務の不履行による契約の解除は、債権者のみがすることができる。この場合においては、代位者に対し、その弁済をした価額及びその利息を償還しなければならない。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ