民法(第三編)
 

(任意代位)
第499条 

1項
債務者のために弁済をした者は、その弁済と同時に債権者の承諾を得て、債権者に代位することができる。

2項 
第467条の規定は、前項の場合について準用する。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ