民法(第三編)
 

(供託に適しない物等)
第497条 

弁済の目的物が供託に適しないとき、又はその物について滅失若しくは損傷のおそれがあるときは、弁済者は、裁判所の許可を得て、これを競売に付し、その代金を供託することができる。その物の保存について過分の費用を要するときも、同様とする。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ