民法(第三編)
 

(弁済の提供の方法)
第493条 

弁済の提供は、債務の本旨に従って現実にしなければならない。ただし、債権者があらかじめその受領を拒み、又は債務の履行について債権者の行為を要するときは、弁済の準備をしたことを通知してその受領の催告をすれば足りる。

【宅建六法】民法(第三編)債権の目次へ